外出なしでもらくらくトレーニングできる自宅エクササイズ法とは

運動不足で「健康のためにエクササイズをした方がいい」と言われた場合、どんな運動をすればいいの?と思う人は多いでしょう。
ですが、健康増進や美容、ダイエット、ストレス解消などを目的とした運動の総称の事なので、ストレッチやジョギング、ヨガや水泳など何でも広義として含まれると言えるでしょう。

天気が悪い日でも自宅でできるエクササイズをマスターしておく

スポーツジムに行くのはお金がかかるし、ジョギングなど外でするのは、天気に大きく左右されてしまう。
それに出かける準備をするのは面倒になり、続かない。
そんな人は多いのではないでしょうか?
それなら、自宅で簡単にできて効果的な運動を紹介します。

1日30分踏み台体操で下半身強化をする

「踏み台昇降」は、スペースもほとんど必要としません。
道具としては、ホームセンターなどで売られている踏み台を用意して下さい。
ちょっと高いところのモノを取る時など、自宅にあって損はしない買い物だと言えるでしょう。

そして、踏み台を使って上り下りするだけで、結構な運動量になりますし、またTVを見ながら、音楽を聴きながらする事ができるので、毎日続けやすい運動だと言えるでしょう。1日30分を目安にやってみて下さい。
股関節や太もも、腹筋やお尻など、下半身を中心に鍛える事が可能です。

「フラフープ」は100円ショップでも売られているので、コストはほとんどかかりません。
子供の頃にフラフープで遊んだ経験がある人も多いでしょう。
実はフラフープは、お腹や腰回りの筋肉を使うのでお腹まわりのシェイプアップに効果的です。
そして消費カロリーは30分で300kcal消費されます。ウォーキングを30分しても200kcalですから、効果的だと言えるでしょう。

エア縄跳びを行うことで自宅で道具も必要としない運動を取り入れる

「エア縄跳び」縄跳びが効果的な運動だと知っていても、縄跳びは家の中ではする事ができません。
かといって、大人が外で縄跳びをするのは、ちょっと人目が気になってしまいますよね。
ですが、エア縄跳びなら自宅でする事が可能です。

エア縄跳びって何?と思う人もいるかもしれません。
ですが、縄を使わずに縄跳びをする事です。あるつもりで手首を回し、ジャンプをする事で縄跳びをした時と同じ効果を得る事ができます。縄跳びの場合は10分で100kcalが消費されます。